弁護士に相談しよう


弁護士B型肝炎給付金の請求を行うにはまずは弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することによって証拠書類の収集が非常にスムーズに行われます。そのようにして集めた書類をもとに訴訟を起こします。この訴訟も弁護士が代行します。

このような手順の末に給付金の支払いという流れとなるのです。通常の給付金の申請とは異なり訴訟を起こさなければ給付金をもらうことはできません。個人で訴訟の手続きを進めることも可能ですが多くの場合それほど専門的な知識を有していないことが多いので弁護士に相談し代行してもらった方が良いでしょう。

弁護士の選び方としては一般的に給付金額の12%以下の報酬を設定している弁護士事務所が良いでしょう。相談するだけでも高い相談料や着手金を請求する弁護士事務所もありますので事前にどの部分に請求がかかるのかを把握しておくと良いでしょう。弁護士の中にも色々とお得意とする分野がありますのでB型肝炎に関する訴訟に詳しい弁護士や弁護士事務所を選ぶことが大切です。現在のところ症状は出てはいないもののB型肝炎に感染している可能性があり、給付金を受けられる見込みがある場合、まずは弁護士に相談してみるのも良い方法です。


 

推奨ホームページ
B型肝炎訴訟サポート_アディーレ法律事務所