疑わしい時は早めに行動しよう


人B型肝炎に感染した方への補償制度は国が定めたものとはいえ、救済を受けた方はまだ一部と言えます。推定では45万人ほどが該当すると思われていますが現時点で訴訟を起こしている人は約15000人程度しかいません。なぜそれほどまでに少ないかと言うと、この給付金制度の周知があまりされていないという点や、非常に複雑な書類を揃えなければならないという面倒な手続きがネックとなっていると言えるでしょう。

B型肝炎訴訟を起こすためには2022年1月12日まで請求期限がありますのでその間に訴訟を起こす必要があります。型肝炎訴訟を起こすためには2022年1月12日まで請求期限がありますのでその間に訴訟を起こす必要があります型肝炎訴訟を起こすためには2022年1月12日まで請求期限がありますのでその間に訴訟を起こす必要があります。あまり長い間訴訟することをためらっていると給付金が受けられなくなってしまうこともありえます。

B型肝炎の訴訟は裁判から和解まで約1年ほど、早い場合だと半年ほどで決着がつく場合がほとんどです。とりわけ弁護士に介入してもらうことで必要な書類やポイントを押さえてもらい、有利に訴訟を進めることができるでしょう。