疑わしい時は早めに行動しよう

人B型肝炎に感染した方への補償制度は国が定めたものとはいえ、救済を受けた方はまだ一部と言えます。推定では45万人ほどが該当すると思われていますが現時点で訴訟を起こしている人は約15000人程度しかいません。なぜそれほどまでに少ないかと言うと、この給付金制度の周知があまりされていないという点や、非常に複雑な書類を揃えなければならないという面倒な手続きがネックとなっていると言えるでしょう。

B型肝炎訴訟を起こすためには2022年1月12日まで請求期限がありますのでその間に訴訟を起こす必要があります。型肝炎訴訟を起こすためには2022年1月12日まで請求期限がありますのでその間に訴訟を起こす必要があります型肝炎訴訟を起こすためには2022年1月12日まで請求期限がありますのでその間に訴訟を起こす必要があります。あまり長い間訴訟することをためらっていると給付金が受けられなくなってしまうこともありえます。

B型肝炎の訴訟は裁判から和解まで約1年ほど、早い場合だと半年ほどで決着がつく場合がほとんどです。とりわけ弁護士に介入してもらうことで必要な書類やポイントを押さえてもらい、有利に訴訟を進めることができるでしょう。

弁護士に相談しよう

弁護士B型肝炎給付金の請求を行うにはまずは弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することによって証拠書類の収集が非常にスムーズに行われます。そのようにして集めた書類をもとに訴訟を起こします。この訴訟も弁護士が代行します。

このような手順の末に給付金の支払いという流れとなるのです。通常の給付金の申請とは異なり訴訟を起こさなければ給付金をもらうことはできません。個人で訴訟の手続きを進めることも可能ですが多くの場合それほど専門的な知識を有していないことが多いので弁護士に相談し代行してもらった方が良いでしょう。

弁護士の選び方としては一般的に給付金額の12%以下の報酬を設定している弁護士事務所が良いでしょう。相談するだけでも高い相談料や着手金を請求する弁護士事務所もありますので事前にどの部分に請求がかかるのかを把握しておくと良いでしょう。弁護士の中にも色々とお得意とする分野がありますのでB型肝炎に関する訴訟に詳しい弁護士や弁護士事務所を選ぶことが大切です。現在のところ症状は出てはいないもののB型肝炎に感染している可能性があり、給付金を受けられる見込みがある場合、まずは弁護士に相談してみるのも良い方法です。


 

推奨ホームページ
B型肝炎訴訟サポート_アディーレ法律事務所

B型肝炎の給付金について

注射B型肝炎の給付金とは、これまでに集団予防接種で注射器を使いましたことによるB型肝炎ウイルスへの感染を認められた人が国から受けることのできる損害賠償金のことです。B型肝炎に感染した証拠などの必要な書類を揃え決められた訴訟手続きを行うことによってそれぞれの状況に応じた金額を受け取ることができます。主に給付金が受けられる人の条件として挙げられているのは次のような点です。

まずは集団予防接種で感染した人が挙げられます。該当する年代は1941年7月から1988年1月までに生まれた人たちが対象となります。そして満7歳までに予防接種とツベルクリン反応検査を受けた方がB型肝炎に感染している可能性があります。この条件に当てはまる人が検査を受けB型肝炎ウイルスに感染しているという事実と、予防接種以外に感染するような原因が見当たらないことなどが該当すると給付金が受けられる可能性が高まるでしょう。

また母子感染することもあり集団予防接種で感染した人の条件を満たす母親がいること。そしてB型肝炎ウイルスに感染している実情があり母子感染以外の原因が見当たらない場合も給付金を受けられる対象となります。ただしこれらはそれぞれ証明するための手続きを終えなければなりません。B型肝炎が原因で様々な病気や症状が起こる可能性があります。例えば肝臓癌や重度の肝硬変など非常に重篤な症状が出た場合支給金額は3600万円となっています。またそれぞれの症状に応じた支給金額が決められていますので、まずは医師によるしっかりとした精密検査を受診することにしましょう。発症してから20年間未請求のままでいるともらえる金額も少なくなってしまうのでできるだけ早めに行動を起こすことが必要です。